受賞候補者等推薦のお願い

文部科学省

令和3年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰
「科学技術賞」「若手科学者賞」及び「研究支援賞」

受賞候補者の募集

1)はじめに -早めの募集になっています
例年文部科学省より各候補者の推薦依頼を受けています。ついては、令和2年(2020年)も5月に文部科学省から本会へ令和3年度の受賞候補者の推薦依頼が見込まれるなか、それに先立って本会では候補者を募集します。

2)表彰の目的と要旨
文部科学大臣表彰は科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めた者の功績を讃えることによって科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、我が国の科学技術水準の向上に寄与することを目的としています。要旨は以下の通りです。

賞 名 及 び 部 門 受 賞 対 象 ・ 資 格
(1)科 学 技 術 賞①開発部門 我が国の社会経済、国民生活の発展向上等に寄与する画期的な研究開発若しくは発明で、現に利活用されているものを行なった個人若しくはグループ又はこれらの者を育成した個人
②研究部門 我が国の科学技術の発展等に寄与する可能性の高い独創的な研究又は発明を行なった個人又はグループ
③科学技術振興部門 研究開発の社会的必要性に関する研究等の分野において、科学技術の振興に寄与する活動を行い、顕著な功績があったと認められる個人又はグループ
④技術部門 中小企業、地場産業等において、地域経済の発展に寄与する優れた技術を開発した個人若しくはグループ又はこれらの者を育成した個人
⑤理解増進部門 青少年をはじめ広く国民の科学技術に関する関心及び理解の増進等に寄与し、又は地域において科学技術に関する知識の普及開発等に寄与する活動を行なった個人又はグループ
(2)若 手 科 学 者 賞

萌芽的な研究、独創的視点に立った研究等、高度な研究開発能力を示す顕著な研究業績を挙げた若手研究者(表彰年度の4月1日現在において40歳未満のもの)個人

(3)研 究 支 援 賞

科学技術の発展や研究開発の創出に向けて、高度で専門的な技術的貢献を通じて研究開発の推進に寄与する活動を行い、顕著な功績があったと認められる個人又はグループ

3)推薦方法
「推薦事務要領」(令和2年用(前年のもの))をご覧の上、各種様式(候補調査書等)にてご推薦くださいますようお願いいたします。

提出書類:
(1)科学技術賞
提出書類:候補調査書、付属資料、履歴書、推薦書(本会内・選考用書式)各1部
(2)若手科学者賞
提出書類:候補調査書、付属資料、履歴書、候補者推薦書(3名分各1部)
※選考の結果、本会から推薦することが決まりましたら、改めて書類の作成をお願いしますので、候補者推薦書の「推薦者署名欄(自筆にて記載)」は、記入不要です。
(3)研究支援賞
提出書類:候補調査書、付属資料、履歴書、推薦書(本会内・選考用書式)各1部
※上記全てにおいて、戸籍抄本(外国籍の場合には住民票)の提出は不要です。実際に推薦する事となった場合にご提出をお願いします。

各種様式は、文部科学省のホ-ムペ-ジからダウンロ-ドして下さい。
http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/attach/1417621.htm
なお、書類は、ワード・エクセルファイルでお送りください。

4)推薦締切日 2020年1月6日(月)まで本会へ必着。