キャリア支援イベント

物理系人材の活躍の場を、アカデミックな研究だけでなく社会の様々な場へ広げていくための支援イベントを行います。

キャリアパス展示

2019年より大会会場にてキャリアパス展示を開催しています。

2018-1.jps2018-3.jps
企業等紹介のランチョンセミナー

2019年秋季大会
第74回年次大会(2019年)

キャリア支援センター(2007-2019)アーカイブ

日本物理学会と4つの研究機関の共同提案による「物理学の資質を持つ人材活用のためのキャリアパス開発全国展開」は、2007年~2009年度、文科省委託事業「科学技術関係人材のキャリアパス多様化促進事業」として採択され、これを受けて日本物理学会キャリア支援センターは、博士取得者の社会での活躍の場を広げることを目的に、2007年4月発足しました。
この間の活動内容、成果物などについては、下記「資料リンク集」にまとめられています。

キャリア支援センターは、上記事業終了後も物理学会の予算とマンパワーの許す範囲での活動を続けました。これについては、栗本センター長による下記「物理学会キャリア支援センターの2010年以降の活動報告」をご覧ください。第74回年次大会(2019年)より、同方向の活動として上記「キャリアパス展示」が開始され、キャリア支援センターは同年、この事業を推進する次世代人材育成プロジェクトに発展解消することになりました。

資料リンク集 (last update: 2010年3月8日)

栗本 猛「物理学会キャリア支援センターの2010年以降の活動報告」
日本物理学会誌 72巻5号, 357-359, 2017年

日本物理学会キャリア支援センター他編集書籍
「ポストドクター問題―科学技術人材のキャリア形成と展望」