JPSJ

Journal of the Physical Society of Japan (JPSJ)は、日本物理学会が刊行する月刊誌で、創刊以来、レベルの高い論文を出版してきました。各号は、Full Papers, Letters等のオリジナル論文から構成され、随時、Invited Review Papers, Special Topicsを掲載しています。最新の論文は、オンライン公開後、約1か月間無料でご覧いただけます。[> JPSJホームページ]

注目論文 (Papers of Editors' Choice)

  • 毎月の編集委員会では、注目論文(Papers of Editors' Choice)を選んでいます。その日本語による紹介文を日本物理学会誌とJPSJ注目論文に掲載しています。注目論文はオンライン公開後1年間無料で閲覧できます。関連した話題についての解説がJPSJホームページの「News and Comments」覧に掲載される場合もあります。

JPSJニュースレター

  • 年次・秋(春)季大会の開催にあわせてニュースレター(日本語)を発行しています。
    JPSJニュースレター最新号(No. 37) をウェブ公開しました。

    また、これまでに発行したニュースレターはこちらからご覧いただけます。

最新のJPSJ注目論文

本論文では、データ駆動型アプローチに基づき伝導度スペクトル(伝導度のエネルギー依存性)を推定する手法が提案されている。実験的に得られた電気伝導度とゼーベック係数の温度依存性から機械学習によって伝導度スペクトルと化学ポテンシャルの温度依存性が求められることや、得られた伝導度スペクトルから電子の寄与による熱伝導率や無次元性能指数ZTの上限を予測できることが示されている。本論文の成果により、大きな熱電輸送特性を示す物質における伝導度スペクトルを明らかにすることで、従来型の熱電理論との橋渡しになると期待される。

詳しい説明はこちらから。

原論文は以下からご覧いただけます。
Data-Driven Reconstruction of Spectral Conductivity and Chemical Potential Using Thermoelectric Transport Properties
Tomoki Hirosawa, Frank Schäfer, Hideaki Maebashi, Hiroyasu Matsuura, and Masao Ogata, J. Phys. Soc. Jpn. 91, 114603 (2022).

物質の機能性と対称性は密接に関係している。とりわけ電子がもつ複数の内部自由度が絡み合う相関電子系においては、通常の磁性や誘電性とは質的に異なる機能性が創出される。その中でも本論文は、結晶が有する対称性の一つである鏡映対称性の破れを伴うフェロアキシャル秩序のもとで発現する種々の物性現象を議論している。特に電場方向に平行に生成されるスピン流は、従来のスピンホール効果とは異なる新しい量子伝導現象である。本成果により、フェロアキシャル秩序に由来する機能性開拓・物質探索のさらなる進展が期待される。

詳しい説明はこちらから。

原論文は以下からご覧いただけます。
Electric Ferro-Axial Moment as Nanometric Rotator and Source of Longitudinal Spin Current
Satoru Hayami, Rikuto Oiwa, and Hiroaki Kusunose, J. Phys. Soc. Jpn. 91, (2022) 113702.

Archive