物理教育委員会

言語 : English

物理教育シンポジウム

第12回「ICT教育の現状と未来」
sankabutton.png
概要:
2020年初頭の新型コロナウィルス登場を契機に,教育現場には情報通信技術(Information and Communication Technology : ICT)の導入が飛躍的に進んでいる.とりわけ講義形式の授業においては,ICT活用による効果的な実践の取り組みが報告され,実験・実習などの授業における新たな可能性も拓かれつつある。本シンポジウムでは,中学・高校・大学の各教育課程におけるICT利用の実例共有を通して,ICTが教育に果たす役割とその課題を考える.

各講演のアブストラクト(一部準備中)

日時:2022年3月27日(日)13:00〜16:30
場所:オンライン開催(Zoomウェビナー)
定員: 400名(申込先着順)
参加費: 無料(要事前申込)

対象:物理教育に携わる方/物理教育に関心がある方

プログラム ※敬称略。 

全体司会 中村 琢(物理教育委員会 委員)
13:00~13:10
(10 分)
開会挨拶・趣旨説明

畠山 温
(物理教育委員会 委員)

13:10~13:35
(25 分)
講演1
「ICTで中学理科授業が変わる具体例」
矢澤 和明
(慶應義塾普通部 理科教諭)
13:35~14:00
(25 分)
講演2
「ICTによって変わる高校理科(物理)の授業」

喜多 誠
(元 慶應義塾高等学校)

14:00~14:10
(10 分)
休憩
14:10~14:35
( 25 分)
講演3
「対面とオンラインを併用したハイブリッド型
理科実験の取り組みと課題
―東北大学の自然科学総合実験の例―
中村 教博
(東北大学高度教養教育・
学生支援機構
教育内容開発部門
自然科学教育開発室)
14:35~15:00
( 25 分)
講演4
「教職課程におけるICT活用の指導
―教員養成の現状や課題―」
村石 幸正
(中央大学 理工学部)
15:00~15:15
( 15 分)
講演5
「海外の事例紹介
 -どう対処しどこへ向かうのか?」
高橋尚志
(香川大学)
15:15~15:25
(10 分)
休憩
15:25~16:25
(60 分)
総合討論
「ICT導入によって得られる効果と課題」
16:25~16:30
( 5 分)
閉会挨拶 内山智香子
(物理教育委員会 委員長)

申込方法: sankabutton.png

専用フォームから必要事項を入力の上、送信ください。

フォーム送信後、すぐに受付番号を記載したメールを自動返信します。
※フォームが正常に表示・入力できない場合、別ブラウザ(Google Chrome等)で再度アクセスください。
※申込フォームにていただいた個人情報は、本シンポジウムに関わる目的にのみ使用し、他の目的には使用いたしません。

問い合わせ先: 日本物理学会事務局 物理教育シンポジウム担当
電子メール:kouza-at-jps.or.jp (-at- を @ に置き換えて下さい。)
電話:03-3816-6201 FAX:03-3816-6208
主催: 日本物理学会物理教育委員会
共催: 日本物理教育学会
後援:
(予定)

東京都教育委員会,千葉県教育委員会,埼玉県教育委員会,
神奈川県教育委員会,茨城県教育委員会,群馬県教育委員会,
栃木県教育委員会,山梨県教育委員会,長野県教育委員会,
福島県教育委員会,新潟県教育委員会