副会長プロフィール

生年月日 1960年4月
所属 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授
学歴 1983年3月 東京大学理学部物理学科卒業
1985年3月 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻修士課程修了
1991年3月 東京大学論文博士(理学)
職歴 1985年 (株)日立製作所基礎研究所研究員
1990年 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻助手
1991年~1994年 科学技術振興機構さきがけ研究事業研究員を兼務
1994年 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻助教授(のち准教授)
2010年 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻教授
2017年3月~2019年3月 第73~74期 日本物理学会 理事
専門分野 物性物理学実験、表面物理学
メッセージ

本学会や日本の学術界を取り巻く状況はここ20, 30年で厳しさを増しています。学術界での我が国の国際的地盤沈下はいろいろな指標で顕著となり、学会会員数の減少は止まりません。環境問題や知識集約型産業構造への変化などにおいて物理学のような基礎的な学問はむしろ重要性を増しているにも関わらず、このような状況になっているのは何が原因なのか真剣に考える必要があります。産業界をはじめとする社会との連携、中高校生・大学生への物理学の魅力と重要性の発信、さらには学会の国際化などを強化することは論を待ちません。これらのために、微力ながら貢献したいと思います。

長谷川 修司
HASEGAWA Shuji
(第78期 副会長任期: 2022年3月31日より2023年3月31日)