JPSJ

Journal of the Physical Society of Japan (JPSJ)は、日本物理学会が刊行する月刊誌で、創刊以来、レベルの高い論文を出版してきました。各号は、Full Papers, Letters等のオリジナル論文から構成され、随時、Invited Review Papers, Special Topicsを掲載しています。最新の論文は、オンライン公開後、約1か月間無料でご覧いただけます。[> JPSJホームページ]

注目論文 (Papers of Editors' Choice)

  • 毎月の編集委員会では、注目論文(Papers of Editors' Choice)を選んでいます。その日本語による紹介文を日本物理学会誌とJPSJ注目論文に掲載しています。注目論文はオンライン公開後1年間無料で閲覧できます。関連した話題についての解説がJPSJホームページの「News and Comments」覧に掲載される場合もあります。

JPSJニュースレター

  • 年次・秋(春)季大会の開催にあわせてニュースレター(日本語)を発行しています。
    JPSJニュースレター最新号(No. 34) をウェブ公開しました。

    また、これまでに発行したニュースレターはこちらからご覧いただけます。

最新のJPSJ注目論文

近年,強相関電子系において,固体中の電子の異方的な電荷分布の自由度の1つである四極子の研究が活発に行われている.結晶構造が面心立方格子の場合にその異方性を考慮した模型を解析すると,非常に多くの四極子秩序相が出現し,特にこれまで考えられてこなかったトリプルq秩序が,広いパラメータ領域で一般的に実現することが見出された. この結果は,四極子秩序についての新たな知見を与え,今後の研究の発展に寄与することが期待される.

詳しい説明はこちらから。
原論文は以下からご覧いただけます。
Quadrupole Orders on the fcc Lattice
Hirokazu Tsunetsugu, Takayuki Ishitobi, and Kazumasa Hattori
J. Phys. Soc. Jpn. 90, 043701 (2021)

7 Kの転移温度を示す超伝導体である金属間化合物NaAlSiは、最近の電子状態計算より、クリーンなトポロジカルノーダルライン半金属であることが指摘され、超伝導との関連が注目されている。今回、NaAlSiの単結晶がフラックス法により作製され、それらを用いた物性評価が行われた。その結果、NaAlSiにはsp電子系にも関わらず伝導電子に強い電子相関が働いていることや、異方的な超伝導ギャップが存在することが示された。これらのことから、NaAlSiの超伝導は単純なフォノンでなく、その特殊な電子構造に由来すると考えられる。


詳しい説明はこちらから。
原論文は以下からご覧いただけます。
Superconductivity in the Topological Nodal-line Semimetal NaAlSi
Takahiro Yamada, Daigorou Hirai, Hisanori Yamane, and Zenji Hiroi
J. Phys. Soc. Jpn. 90, 034710 (2021).

Archive